ビットコイン(仮想通貨)の取引所と販売所の違いを徹底比較!

 

この記事では取引所と販売所の違いについて解説します。多くの仮想通貨取引所には取引所と販売所がありますが、両者の違いをしっかり把握しておかないと損をしてしまうかも…。

 

ビットコイン(仮想通貨)を取引する前にこの記事の内容をしっかり理解して、自分にあった方法で通貨の売買を行いましょう!

 

 

 

ビットコイン(仮想通貨)の取引所と販売所について【目次】

 

 

 

ビットコイン(仮想通貨)の取引所と販売所の違いを一覧表で比較!

取引所 販売所
取引をする相手 他のユーザー 業者
手数料 安い 高い
取引までのスピード 時間がかかることもある 早い

 

ビットコイン取引所と販売所の違いを一覧でまとめました。ユーザー同士で通貨のやり取りをする板のような場所が取引所。ビットフライヤーやZaifなどの業者を相手に売買をするのが販売所になります。

 

会社によっては”交換所”という呼び方をしていることもありますが、”交換所=取引所”だと思って大丈夫です。手数料を抑えて売買をするために、基本的には取引所を使うのがおすすめ。

 

緊急の場合だけ販売所を使うようにした方が、余計な手数料は抑えられるはずです。仮想通貨取引所と販売所のメリットやデメリットについて、もう少し詳しく見ていきましょう!

 

 

 

どっちを使う?ビットコイン(仮想通貨)の取引所と販売所のメリット・デメリット一覧!

取引所 販売所
メリット ・手数料が安い

・指値注文が可能

・すぐに売買できる

・大量の取引も可能

デメリット ・売買まで時間がかかる可能性がある

・大量の取引には不向き

・手数料が高い

・指定された価格でしか売買できない

 

ビットコイン取引所と販売所のそれぞれについて、メリット・デメリットをまとめました。どっちを使えばよいか迷った時はこちらの表を参考にしてみて下さい!それぞれ詳しく解説していきますね!

 

 

 

手数料を抑えて取引したい時は取引所を使う

 

ユーザー同士で仮想通貨の売買をする取引所は、販売所に比べると手数料が安いのが大きなメリット。販売所に比べると入力する項目は多くなりますが、慣れてしまえば問題ありません。

 

指値による注文も出来るので、一番安いタイミングで通貨を買って、高くなってから手放すということも出来るでしょう。ビットコインなどの仮想通貨を売買する際には、基本的には取引所を使うのがおすすめです。

 

ただし、なかなか取引の相手が見つからない可能性もあり、スピード感に欠けるのは事実。大量の通貨を売買したい場合や急いで取引を行いたい場合には、取引所は不向きだと言えます。

 

 

 

取引が成立しにくい時はやすぐに売買したい時には販売所を使う

 

通貨の価格が大きく変動した時には、取引所では売買が成立しない可能性があります。例えばビットコインが暴落した時、多くの人はビットコインを売ろうとします。

 

買い手が見つからない可能性が高いので、取引所ではビットコインを売りたくても売れないという事態になりかねません。取引相手を探しているうちに暴落が進んでしまったら、損失額が膨れ上がってしまうということも。

 

そうなるくらいであれば、販売所でビットコインを売って、出来るだけ早く損切りしてしまったほうが良かったということもあるでしょう。

 

手数料が高い販売所は、普段の取引で使うのにはおすすめ出来ませんが、以上のような場合には利用を検討する価値は十分にあると思いますよ。

 

 

 

大手仮想通貨(ビットコイン)取引所の取引所と販売所について

名称 取引所 販売所
Zaif 15種類 2種類
ビットフライヤー ビットコインのみ 7種類
ビットバンク 6種類 -
DMMビットコイン - 7種類
GMOコイン - 5種類

 

Zaifの取引所と販売所について

 

ビットコイン・モナコインの販売所があるZaif。”簡単売買”という名称で販売所が運営されています。取引所では15種類もの通貨を売買できるので、色々なアルトコインを取り扱ってみたいという人に非常におすすめ。

 

操作画面も分かりやすいですし、取引所形式で手数料も抑えられるので、メインで使う仮想通貨取引所として一番おすすめですよ!

 

>>Zaif公式サイトはこちら

 

 

 

ビットフライヤーの取引所と販売所について

ライトコインやリスクなどの通貨を取り扱っているビットフライヤーですが、アルトコインの取引所はありません。取引所形式で売買できるのはビットコインだけなので、アルトコインを売買する際には手数料が高くなってしまう傾向にあります。

 

アルトコインの売買を積極的に行いたいという人は、Zaifを軸にしながら、補助的にビットフライヤーを使ったほうが良いかも知れませんね。

 

>>ビットフライヤー公式サイトはこちら

 

 

 

ビットバンクの取引所と販売所について

販売所が無いビットバンクでは、全ての取引は取引所で行われます。操作画面に慣れるまで少し時間がかかるかも知れませんが、手数料を抑えながら取引出来るのは魅力。モナコインやイーサリアムなどの人気のコインも扱っています。

 

Zaifでは取り扱いのないリップルやライトコインも購入できるので、アカウントを作っておくことをおすすめします。

 

>>ビットバンク公式サイトはこちら

 

 

 

DMMビットコインの取引所と販売所について

7種類の通貨が取引できるDMMビットコイン。しかし、取引所形式での売買は出来ないので注意が必要です。DMMビットコインの魅力はアルトコインに対してもレバレッジ取引が出来ること。

 

他の仮想通貨取引所にはない強みなので、仮想通貨の取引に慣れてきたら、アカウントを作っておくと良いと思いますよ。

 

>>DMMビットコイン公式サイトはこちら

 

 

 

GMOコインの取引所と販売所について

GMOコインには取引所が無く、全ての取引は販売所で行われます。そのため、手数料は少し高くなりがちです。GMOコインの販売所は、金額指定・数量指定の好きな方で注文できるのが特徴。

 

リップルやライトコインなどの人気の通貨の取り扱いがあるので、仮想通貨の取引に慣れていないという人は口座を作っておくと良いでしょう。

 

>>GMOコイン公式サイトはこちら

 

 

 

ビットコイン(仮想通貨)の取引所と販売所についてまとめ


ビットコイン(仮想通貨)の取引所と販売所について解説しました。両者の違いをしっかり理解した上で、損をしないように仮想通貨取引を始めましょう。

 

仮想通貨コンパスのおすすめする仮想通貨取引所ランキングも参考にしてみて下さいね!