セキュリティへの信頼度で比較!仮想通貨取引所おすすめランキング!

 

この記事ではセキュリティ対策が信頼できる仮想通貨取引所をランキング形式で紹介します。

 

おすすめの仮想通貨取引所を厳選して紹介しているので、これから投資を始めようという人や仮想通貨取引に不安があるという人は参考にしてみて下さい!

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴

2018年1月25日にsqreenというセキュリティーアプリを提供している会社が、世界140箇所の仮想通貨取引所を対象に独自で調査し、安全性についての調査報告を出しました。その中の安全性ランキングで、10点中7点を獲得しbitFlyerが世界的に見ても最高峰のセキュリティーを備えているとの結論になりました。資本金も41億円と国内最大です。メガバンや大手保険会社などが大株主にいる為補償も徹底していて、不正出金に対して最大500万円までの保証があります

価格
評価 評価5
備考
 

 

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴

QUOINEXでは国内で唯一仮想通貨を100%コールドウォレットにて管理しています。さらにBTC、BCHはマルチシグにも対応済みです。プライベートサーバーで運用し、利用者が登録したアドレスにしか出金出来ない様になっています。過去の不正出金がゼロという実績を持っています。また、ネム流出事件を受けホワイトハッカーによるシステムの脆弱性のチェックを定期的に行うなど更なるセキュリティー強化に動いています。

価格
評価 評価5
備考
 

 

 

Zaif(ザイフ)の特徴

設立当初から数年は利益よりインフラ投資をするという目標を掲げている会社です。顧客の資産は完全に分離して管理されています。直ぐに必要になる分以外はコールドウォレットに保管されて、資金移動の際にはマルチシグが必要になります。取引システムは複数層に渡り外部からの侵入を一切遮断しています。欧米型の数理モデルによる不正検証の導入や日本型の金融不正対策も実施し、マネーロンダリング対策にも対応しています。

価格
評価 評価5
備考
 

 

 

bitbank(ビットバンク)の特徴

bitabankはビットコインセキュリティーを専門にしている、カリフォルニアにあるBitGoという会社と提携し、セキュリティーの強化に努めています。マルチシグ対応でハッキングや内部犯罪にも万全な対策を取っています。セキュリティー対策についての詳細がきちんと公式に公表されているのも好感が持てます。また、ハッキングの対象となりやすいホットウォレットには顧客の資金は含まれず、分別管理がされているのも安心できます。

取引手数料 0%
セキュリティ
取扱銘柄数 6種
 

 

 

GMOコインの特徴

為替取引のGMO FXでは世界一の取引量を誇るGMOインターネットグループの立ち上げた仮想通貨取引所です。GMO FXでも安定した運営を続けています。勿論顧客の資産と会社の資産は分別して管理されています。送金や取引で直ぐに必要な分以外は全てコールドウォレットで管理されています。ホワイトハッカーの採用をするなどサイバー攻撃への被害を防ぐ為のセキュリティー強化に取り組んでいます。株やFX取り引きで実績がある会社なのでセキュリティー対策にも期待が出来ます。

価格
評価 評価5
備考